マルチキャリアとシンプルライフで収入UPぶろぐ

マルチキャリアとシンプルライフで収入アップを目指し、記録していきます!

スポンサーリンク

『ノマドライフ 好きな場所に住んで、自由に働くために、やっておくべきこと』本田直之 (著)を読みました。

ノマドライフ 好きな場所に住んで、自由に働くために、やっておくべきこと』
本田直之 (著)

を読みました。

今回は内容と感想です。


ノマドライフ 好きな場所に住んで、自由に働くために、やっておくべきこと

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと

本田直之 朝日新聞出版 2012-03-16
売り上げランキング : 14069
by ヨメレバ

ノマドライフ 好きな場所に住んで、自由に働くために、やっておくべきこと」

と、いうこちらの本を読みました。

内容

ノマドライフを送るためには準備が必要で、以下のトレーニングをすると良いという内容でした。

お金のトレーニング

1.家計簿で『投資』を意識する
まずは自分のお金の使い方を徹底的に分析する。
家計簿をつける
自分が使うお金を『投資』『消費』『浪費』に別ける

2.半分の生活費で暮らす
お金について真剣に考えるトレーニング
予算がないとベストな仕事ができないという人は予算があっても活かせない。工夫することを真剣に学ぶ必要がある。

3.自分税を天引きする
2が無理ならば自分税を天引きするトレーニングをします。
社会保障が充実している北欧はおよそ半分が税金でもっていかれます。
今まで税金に関心がなかった場合、もし日本も同じ状況になったら…と仮定して3割を自分税に。

4.クレジットカードを徹底活用
必要最低限のカードを戦略的に持つトレーニングをしましょう。
今必要なカードを見極めましょう!

暮らしのトレーニング

1.所有物を半分にする
シンプルになることが豊かさにつながり、幸せが増えていく時代です。

2.引っ越す
モノを減らし、身軽になり、移動に対する抵抗を減らす。自由かつとらわれないノマドライフを実現するためのトレーニング。

3.絶えず移動する
引っ越しが出ない人はこまめに移動するトレーニングを。

時間のトレーニング

1.定時に仕事を終わらせる

2.クリエイティブでないことを排除する
自分がやらなくてもいいことはしない。
経理等はアウトソーシングがオススメ

3.定期的な拘束を排除する
定期的な仕事を受けない訓練

思考のトレーニング

1.いつもと違うことをやってみる
変わろうと決意しても、実際に変化するのは難しい。しかし、一つ行動するとそれをきっかけに思考も変化する。
できないからやらないではなく、できることをやる。
例え 通勤ルートを変える

2.室内から室外へ、夜から朝へ
ノマド的であるとは、内より外、夜より朝。外=人と会うことではない。

3.ひと回り以上違う世代と付き合う
思考を柔軟にするストレッチ

4.言葉以外の共通言語をもつ
趣味や興味を深掘り!スポーツ、ワイン、食文化、世界遺産、ペットなど。写真も良い!

5.モチベーションは上げ下げしない
自らモチベーションを維持できるような何かを用意しておく。

感想

個人的にノマドライフに憧れてます。

どこかに縛られない生き方に憧れるといった方がいいでしょうか?

私の頭の中はまだ、たくさんの固定概念に縛られいます。

まずはそこから直していきたいです。