お金不安解消研究ぶろぐ

お金の不安をなくすためにどうすれば良いのか研究中

スポンサーリンク

会社の能力以上に利益を求めると会社はダメになる。個人では?

ドラッカーは『会社の能力以上に利益を求めてしまうと会社はダメになる』という言葉を残しました。

これから起業をする人、個人で独立してやっていく人はぜひ心に留めておいて欲しい言葉です。

OL時代

私は30日までOLとしてのお仕事があります。

2014年10月20日退職の希望を出してから2ヶ月ちょっと。

約5年という会社員生活たくさんのことを学ばせていただきました。

特に会社の不正が明るみになり、金融庁の監査が入って会社の危機がおきたことは、ある意味すごく勉強になりました。

ドラッカー

以前、ドラッカーの解説本を読んだ時に、『会社の能力以上に利益を求めてしまうと会社はダメになる』みたいな事が書いてあったのですが、本当ですね。

ちなみにドラッカーは、マネジメントという分野を確立させ、経営やビジネス界に大きな影響を与えた方です。

ピーター・ファーディナンドドラッカー(Peter Ferdinand Drucker、ドイツ語名:ペーター・フェルディナント・ドルッカー 、1909年11月19日 - 2005年11月11日)は、オーストリア・ウィーン生まれのユダヤオーストリア人[1]経営学者。「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management) の発明者。

ウィキペディア

私は個人で仕事をしていくことになるのですが、自分の能力以上に利益を求めると良くないということでしょう。

利益を求めたければ、自分の能力をあげよ!という感じです。

どのみちどこかで人やお金、知識にレバレッジをかけていきたいと思っているのですが、この時きっと自分の能力とか器が小さいと誰も人が付いてきてくれないんだろうな…と。

特に個人で仕事する私のような人間は、実力を磨くことを怠ってはいけないということです。

上を目指すなら実力を上げよう!