マルチキャリアとシンプルライフで収入UPぶろぐ

マルチキャリアとシンプルライフで収入アップを目指し、記録していきます!

スポンサーリンク

クラウドワークスをやってみた。

少し忙しい日々が続いているので、不定期更新&日々の報告はお休みいたします。

そんな中、クラウドワークスでお仕事応募 →テスト →採用となりました。

私はライティングをもっと勉強したいと思っていたので、ライター案件を応募しました。


クラウドワークスについて

クラウドワークスには、タスク、コンペ、プロジェクト案件があります。



【タスク】
例えば○○について500文字で書いて下さい!といった単発の案件。
何人までといった早い者勝ちのような募集が多いです。

【コンペ】
例えば○○のデザインを募集!のようにたくさんのデザインを募集して、採用されたらお金がもらえるといったもの。

【プロジェクト】
例えば、○○について週に1記事書いてくれる人募集!など発注者と受注者が相談しながら進めていく案件。
継続的な案件やホームページ作成など相談しなければいけない案件が多いです。

初めての応募

私は、プロジェクト案件に応募しました。

正直に言うとライター系はどれも安いです。

私は資格を使って専門的なライターもしていますが、単価が全然違う(笑)

でも、クラウドワークス上では私は初心者ですし、専門以外のライティングをやってみたかったので応募しました。

まず、よい案件を見つけて、こちらから条件を提示します。

と、言ってもすでに案件の条件は書かれているので、その通りに送りました。

すぐにお返事をいただき、テストライティング開始。

テストライティングを送ると、すぐにお返事をいただけました。

内容はテストライティング合格の通知と今後お仕事していただけるのなら、このような条件になります。と、条件を書いて送ってくれました。

その条件でOKを出したら、契約です。

こちらが契約OKをだし、向こうも契約に同意。

これで契約成立です。

その後、仮払いが行われました。

テストライティングの分もお支払いいただけるとのことで、すぐ1回目の納品ボタンを押して、向こうが承認したら支払い完了です。

次のお仕事も来たので、さらにバタバタですが、頑張りたいと思います。

色々な経験を積んで、お仕事を重ねていくと単価が上がったり、案件採用が多くなるのでしょうか??

まだまだ分からないことだらけなので、少し様子をみながらやっていきます。