マルチキャリアとシンプルライフで収入UPぶろぐ

マルチキャリアとシンプルライフで収入アップを目指し、記録していきます!

スポンサーリンク

文章を書く仕事は簡単そうですか?私なりの文章アップ術

やっと体調が戻ってきました(*^^*)

体調の良い時に十数年間家庭教師や塾講師をしている友達に会ってきました。

最後に文章の添削されたのいつ?

友達は文系なので、主に国語や英語を担当しています。

これから子育てしていくので、プロから見た子供と親の関係とかじっくり聞いてきました。

友達自身東大現役合格者なので、そこも聞いてみたり。

私も5年教育業界に居たので、親子の関係が結構重要だなとは感じてましたが、自分ごととして聞くと変わりますね。

そんな中気になる質問がありました。

『最後に自分の文章を添削されたのいつ?』

話の流れとしては、子供で文章が上手く書けない子はいるけど、実は大人も多いよねと。

その時、この質問。

んー。。。

大学受験の勉強中に見てもらった小論文が最後かな??

『その前は?』

んー。。。

私は中学不登校だから小学校?

『うん。大学受験とかで小論文とか書かない限りは、小、中学校が最後なんだよね。だから、自分が書いた文章が正しいのかどうか分からないまま大人になってしまう人も多いよね。』

なるほ!

プロブロガーさんや、ライターさんのように文章を書く仕事をしている人で、キチンと指導を受けていなければ、ほとんどが義務教育の指導が最後!

もちろん初めは変な文章だった人が、回数を重ねて上手くなった人もいると思う。

でも、文章書くのを仕事にするのって意外と難しいことなんだなと思いました。

イメージだと簡単そうですけど、技術としてはそれなりに難しいのですね。

私の文章能力アップ方法

私の場合、元々文章書くのは得意でした。

と、言うのも私は大学AO入試だったのですが、その時の課題が小論文とプレゼンでした。

中堅大学のAOなのでそれなりの倍率です。

1次の小論文は数百人受けたけど、たった十数人しか受からなかったのでね。

その後のプレゼンでさらに落とされ、最後は10人くらいしか合格しませんでした。

そして、私はその時から持ってる特技を仕事にしてます。

文章書くこと、人前で話すこと。

人生29年生きて、過去を振り返ると1や2つは特技があることに気付くものです。

でも!

得意な方ではあるけど、完璧ではないです。

文章を書く仕事である程度の収入を得られるようになったのは、資格と練習ではないかと思います。

色々な経験をして、自分がどう生きたいのか必死に考え、勉強していく過程で興味があるものはどんどん資格を取りました。

父親が資格で仕事をしていた影響もあります。

そして、たまたまライターとしてやってみたい!と口に出した翌日に放置していたmixi経由で仕事の依頼をいただきました。

その後クラウドソーシングサービスを利用したりしました。

最近クラウドソーシング利用していないので、実際のところは分からないのですが、だいぶ単価が落ちているとのことです。

でも、興味があるならじゃんじゃんやれば良いのではないかと思います。

一定のラインまで書けないと落ちることもあるかもしれませんが、運良く受かれば、書いた文章を添削してくれるんですよ!!!!

自分の文章が正しく書けているのか、間違っている場合はどこが間違ってるのかまで教えてくれるのです!

しかもお金までくれて!

最初に言った通り、文章を添削してもらう機会ってないんですよ!

だから、いくらそれを仕事にしたくても自分が正しい文章が書けるのか、また間違っているならどこが間違っていて、どう直せば良いのか誰も教えてくれないのです!

ライター養成講座とか、文章の書き方の本などはありますが、全部お金を払って勉強するものですよ?

今まで経験のある人が安い単価で請け負うのはちょっと問題がありますが、未経験なら単価が安くてもやってみるべきです!

お金払ってでも誰かに見てもらう方が良いとも思ってます。

私も文章がくどいとか、無駄に長いとか言われながら修正して、次に活かして…という事を繰り返してます。

今も繰り返してます(笑)

まだまだ正しい日本語が出来ていなかったり、言い回しが下手くそだったりするのでね。

直すために本を読み、インプットすることも意識的に始めました。

意外と奥が深いのが文章です。

前から思ってはいたのですが、友達と話して改めて、子育ては子供を見ることも大切だけど、親自身が成長していくとも大切だなと思ったので、子供のためにも自分のためにもまだまだ勉強していきます。