読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

複数の収入源とミニマリストでお金の不安をなくすワーキングマザー

複数の収入源とミニマリストを実践してお金の不安をなくした実体験ぶろぐ

スポンサーリンク

ライター収入の記録を1年分まとめてみました!

個別の収入を2015年5月~2016年7月までまとめてみました^^

今回はライター収入です!

f:id:Financial:20160824154152j:plain

2015年の収入履歴 -ライター編―

2015年5月 1,000円

2015年6月 7,000円  

2015年7月 11,000円

2015年8月 3,000円 

2015年9月 10,000円  

2015年10月 8,000円

2015年11月 54,249円

2015年12月 個別記録なし

2016年の収入履歴 -ライター編―

2016年1月  個別記録なし

2016年2月  32,200円

2016年3月  27,400円

2016年4月  42,100円

2016年5月  53,558円

2016年6月  64,693円  

2016年7月  65,764円

記録の付け方

ライターの仕事は初め、mixi経由でいただきました。

私はある資格を持っていて、それをmixiのプロフィールに書いて放置していました。

そしたらある会社の方から記事を書きませんか?とメッセージをいただき、ライター業を始めました。

その後、ライターに興味をもって色々調べると、クラウドソーシングサービスでライターのお仕事が貰えると知りました。

2015年6月からクラウドワークスとランサーズに登録して、ライター業を本格的に始めました。


クラウドワークスはこちら↓


ランサーズはこちら↓

クラウドソーシング「ランサーズ」

ただ、2015年5月~10月まではクラウドソーシングで取った仕事はネット収入に含んでいました。

その為、ライターの収入は少なめです。

2015年11月記録の方法を変更し、直で受けている執筆、クラウドソーシングで受けている執筆両方合わせた収入になっています。

ライターの仕事の取り方

基本はクラウドソーシングから受けています。

私の場合、ランサーズであまり良いクライアントさんに出会わなかったので、基本はクラウドワークスを活用しています。

後は、個人名を出したHP(ブログもやってましたが今は休止中)を持っているのでそこで今までの実績などを公開、そこから連絡をもらったりもしています。

後は、ライター募集などをしているメディアを探して応募したりもしています。

ただ、インターネットで探す場合、怪しい会社もあるので、きちんと会社まで調べてから登録しましょう。

クラウドソーシングは仕事を取りやすい反面、手数料などがネックになってしまうので、そのバランスを考えて色々な方法でアプローチしています。

ライター収入

私の収入は現在ほぼ講師業とライター業が中心です。

2016年は妊婦という甘えで1日平均2時間程度しか働いていないのでこの金額になりました。

しかし、逆を言えば1日2時間程度働ければこの金額に達します。

これなら副業を目指している人でも可能ですね。

もう少し時間があれば10万円程度はいくのではないかと思います。

クラウドソーシングでライターをする場合、必ずプロジェクト形式を選んで下さい。

タスクはその場限りで楽ではありますが、労力に見合った報酬を受けるのは大変だと思います。

文章を書くことに慣れればタスクもいいと思いますが、私はタスクはやりませんね。

ちなみに一番収入の多い2016年7月時点で契約しているクライアント様は4社です。

1社は7月に仕事がなかったので、実質稼働していたのは3社です^^;

書いた記事数は22記事でした。

私はそんなに単価も高くないWEBライターなのでこんなものかな?と思っています。

ちなみに大体調べてから記事を書くので平均的に1時間で1000文字程度書いてます。

得意な分野だと1000文字30分とかで終わるんですけどね^^;

子供が生まれたらどれくらい集中して書けるのか…(この記事は出産前に書いています。)ここは未知数ですが、とりあえずライター業だけで10万円を目指したいなと思ってます♪



クラウドソーシング「ランサーズ」