読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

複数の収入源とミニマリストでお金の不安をなくす

複数の収入源とミニマリストを実践してお金の不安をなくした実体験ぶろぐ

スポンサーリンク

頑張らないススメ!メリハリ付けて前に進め!

世の中には2つのタイプの人がいると思います。

1つは何事も毎日コツコツ継続できるタイプ。

2つはやる気にムラっ気があるタイプ。

ちなみに私は後者です(笑)


やる気のムラっ気をどうするか?

私は目標があるとやる気が出るタイプなのですが、そのやる気にムラっ気がありすぎるのです(笑)

やる気のあるときはこれでもかってくらい頑張れます。

バリバリ動きます。

でも、やる気のないときは何もできません。

したくなくなるのです。

電池の切れたおもちゃのようにパタンと動かない。

目標達成するためには、コツコツ継続するタイプの人が成功する…ならばどうするか?

模索時期

いろいろ試してみました。

私の場合やる気のある時は一気に色々やって、パタンと電池が切れるので、限界まで頑張らずに余力を翌日に残す。

これは失敗でした。

私のやる気は一日単位のようで(笑)

余力を残してもやる気は出ませんでした。

後はやる気を出す方法を色々試してみたりもしました。

音楽だったり、体を温めてみたり、アロマだったり…

やる気の出たものもありましたが、一過性のもので継続には繋がりませんなでした。

仕組みで毎日継続

色々試した中で一つ合ってたものは『仕組み作り』でした。

やる気のなくなる原因がめんどくさいっての一番多いので、めんどくさなくならない仕組みを作ってしまうのです。

ただ、仕組みを作れるものと作れないものがありました。

例えば掃除とかは頭を使わないでも出来るので、一度床に物を置かない仕組みを作ったり、指定の場所を作ったりすると毎日簡単に終わらせることが出来ました。

しかし、ブログ書いたり、ライター記事を書いたりは毎日したいけど、頭を使うので結構やる気に左右されてしまいました。

やる気に左右されるものは継続しない

色々やってみて、仕組み化出来そうな単純作業は仕組みを作り、出来ないものは諦めました。

そう。

諦めた。

そもそも毎日コツコツやろうと思うから悩むのであって、毎日コツコツやらなくても良いではないか!

と、開き直ってみました。

やる気のあるときにこれでもかってくらい動く。

やる気のない時はとことん休む。

メリハリをつけてやれば良い!

やる気のムラっ気があっても前に進むポイント

ここでポイントになるのは…

『やるべきことをリスト化する』です。

私はEvernoteを使って思いついたときにやるべきこやとを書き込んでます。

後は、やる気のある時にそのリストをこなしていくだけです。

期限があるものはそれも書いておきます。

このリストは普段の買い物から仕事まで思いつく限り書き込んでます。

買い物なのどはスケジュールを見ながら、この日に買いに行こうとか、時間のある時にネットショッピングしたりしてます。

やるべきことを忘れても良いので、頭も使わなくていいし楽ですね。

頑張れる時に頑張って、頑張れない時は休む

目標はあるし、叶えたいこともある。

その為には頑張らないといけないことも分かってる。

でも、毎日頑張れないならメリハリを付けてやれば良い。

私はこう思ってから随分気が楽になりました。

ただ、やる気のある時はリスト全部終わらせる位の勢いで頑張ります(笑)

無理なく進む為には自分のタイプを見極めて自分なりの進み方を研究するのが一番♪