複数の収入源とミニマリストでお金の不安をなくすワーキングマザー

複数の収入源とミニマリストを実践してお金の不安をなくした実体験ぶろぐ

スポンサーリンク

やりたい事はあるけど家族が反対したらどうする?

(2016年6月9日公開)
(2017年4月5日編集)

最近、不動産投資について話を聞く機会が多く、いつかはチャレンジしたいという気持ちになりました。

私一人では出来ない事なので、旦那をその気にさせるために頑張らねば!


初めは起業も反対されていました

実は、私大学卒業後就職に失敗して、色々考えた末に『いつか雇われない生き方をする』と心に決めていました。

私は2009年に大学卒業したので、リーマンショックの煽りをもろに受けた世代です。

内定取消しなんて言葉が流行りました。

私は公務員を目指して見事に全滅。

公務員浪人を決意したものの、元々そんなにやりたい事でもないので途中で挫折。

職に就くのにえらい苦労しました。

もう本当にけちょんけちょんにやられて、私は社会から必要とされていないんだなんてネガティブ思考全開。

そこから職が決まっても、不正で会社傾いたり、詐欺みたいなとこに当たったり、本当に就職運がない。

まぁその間に色々もがいては失敗して今にたどり着くのですが、初めは旦那も雇われない生き方なんて…って感じでした。

あからさまに反対という程ではなかったにしても、出来るの?って感じでしたね。

徐々に実績をつける

今は、旦那は私の第一応援団のひとりですが(笑)

それまでは冷ややかに見られていたので、コツコツ実績作りから始めました。

私自身も何をやりたいのか悩んでいたので、まず、仕事を見つけて自分の稼ぎを確保しました。

もちろんこれは家族のためのお金。

なのでお小遣いで出来る範囲で資格を取ったり、勉強会に参加したりしました。

やれる事はやってみる。

でも、えーって言われたら最後なので、本当に地道にコツコツです。

もし、何かやりたい事がある、でも家族が反対する…って方がいたら発想を変えて何なら出来るかを考えてみて下さい!

実績作りには時間がかかる

ただし、この方法時間がかかります。

実績なんて簡単に作れません。

どこで家族が応援に回ってくれるのかも分かりません。

でも、巻き込めた時には大きな力を発揮します。

なので家族の支えはとても重要だなと思っています。

もし、家族の反対で諦めるならそこまでの事だったのでしょう。

でも、それでもやり遂げたい!なら是非、ゆっくりでも実績を作って、家族を一番の応援団にしてしまいましょう!

ちなみに、反対する理由を探ってそこを解決すると話は早くなります。

編集後

最近ママ友と話していて、やりたい事はあるけど旦那さんが反対していて…と。

なので、とりあえず上記のことを伝えました!

やれる事やろうって!

私自身も昔は旦那さんのやりたい事を潰していたんですよね。

でも、家族は全員それぞれ別人格の人間。

お金の面、時間の面、色々なハードルでやりたい事を応援出来ないのなら、どうすれば出来るのか、何なら出来るのかを一緒に考えられたらいいなと。

出来ない理由を見つけるのは簡単ですが、どうすれば出来るのかしっかり考えていきたいものです♪

ちなみに、冒頭の不動産投資、コツコツ知識を伝えていったら、旦那さんもその気に(笑)

すぐには無理なので、3年を目処に色々準備をする予定です♪