複数の収入源とミニマリストでお金の不安をなくすワーキングマザー

複数の収入源とミニマリストを実践してお金の不安をなくした実体験ぶろぐ

スポンサーリンク

稼ぐための勉強を怠るべからず

ご無沙汰しています。

 

ワーキングマザーになって初めての子供の風邪。

 

そして一時期良くなった湿疹がぶり返し…治ったと思ったらまた風邪。

 

エンドレス!

 

保育園とか行ってないけど…集団生活とかしたらうちの息子大丈夫なのかちと心配です。

 

それはさておき。

 

仕事が一段落したので、ちょっと新たな勉強始めます。

 

これは稼ぐための勉強です。

 

 f:id:Financial:20170514114258j:image

 

社会に出てからの勉強は楽しいもの?

学校の勉強が嫌いだった人手を挙げて!

 

はーい!

 

私を含めて今手を挙げた人いっぱいいるんじゃないでしょうか?

 

でも、良く言いません?

 

社会に出てからは勉強は楽しいと。

 

今までやらされていた勉強だったのが自発的に勉強するものに変わるから。

 

または、実践的で稼ぐための勉強だから。

 

私は社会に出て資格取ったり、色々勉強してきたけど…面白いと感じることもあれば苦痛になることもありました。

 

よって社会に出てからの勉強でも必ず楽しいとは限らないと思ってます。

 

それでも勉強する訳

私が勉強をするのは稼ぎたいからです。

 

これ以上でもこれ以下でもありません。

 

稼げない勉強は勉強ではない。

 

趣味だ!

 

と思ってます。

 

たいして稼いでないのに偉そうな発言してみました(笑)

 

でも勉強するからには目的必要です。

 

私は中学時代不登校の引きこもりでしたが、大学に行きたくて勉強しました。

 

そして、高校、大学は卒業するために勉強しました。

 

社会に出てからはどうしたら雇われずに稼げるのかを考えて勉強しました。

 

私は一つ何か専門を身につけようと色々試した結果、お金の専門家になるのが一番合ってました。

 

多分、色々勉強してみるとしっくり来るものが分かると思います。

 

どんな理由であれ『稼ぎたい』という目的があるならそのための勉強をすれば良いのです。

 

稼ぐための勉強

稼ぐための勉強とは何か?

 

これは2つする必要があります。

 

1つは専門的な知識や技術。

 

そしてもう1つはそれをお金にする方法です。

 

私の場合、専門はお金についてです。

 

そして、それをお金に変えるために講師業や執筆業を選び、それで仕事を得る方法を勉強してきました。

 

ちなみに今回は、住宅ローンに関する仕事が増えたのでついでに民間資格を取ることにしました。

 

今回は専門知識を深めるための勉強です。

 

稼ぐためには勉強が必要です。

 

これを怠っている人は稼げない!

 

稼ぐ人は勉強家であると言われています。

 

知識ばかりでも稼げない

知識ばかり多くて実際お金に困ってる人は、2つ目のお金にする方法を勉強していないひとが多いです。

 

もしくは、実践していない人です。

 

結構凄い知識もってる人もいるのに稼げてないのは勿体無いないです!

 

私もそうだったんですが、エステやっていた時にいくら技術や知識を勉強してもお客様がいなければ意味がないんです。

 

エステでは開業という方法を選んだので、どうやって開業するか、どうやって集客するかまで勉強しなければいけなかったのです。

 

ちなみに集客の1つはカルチャースクールでしました。

 

カルチャースクールの講師になって、その生徒さんたちがサロンに来てくれました。

 

勉強を怠るべからず

勉強は一度して終わりではありません。

 

どんなに良いクライアントさんや人脈からの仕事でも1つのプロジェクトは最長3年と言われています。

 

今の仕事に追われるだけでなく、次の準備が大切です。

 

私は今の仕事のために住宅ローンについて勉強しますが、これは次の仕事の準備でもあります。

 

専門知識をさらに深めて人の役に立てるようになる!

 

私の目標はお金の不安を抱える人を少なくすること!そのために頑張ります♪