お金不安解消研究ぶろぐ

お金の不安をなくすためにどうすれば良いのか研究中

スポンサーリンク

将来の夢はなんですか?将来を見える化して考えよう!

お金の不安を解消するメソッドを研究中なのですが、私自身も色々実践していきたいと思っています。

 

知識って学んでも、やってみたら『あれ?』ってなることが結構あるんですよね。

 

 f:id:Financial:20171022132308j:image

 

 

 

ライフプラン

私のメソッドの目標は『自分で人生の選択が出来ること』です。

 

『お金とは』と言うと色んな答えが出てきます。

 

その1つとして、人生の選択肢を広げる道具になると言えます。

 

やりたい事はあるけど、お金がない…

 

やりたくない事でも、お金のためにやる…

 

というのは、人生の選択肢を狭めてしまいます。

 

自分の好きな人生を選択出来るようになる!

 

しかし、この好きな人生というのは難しいです。

 

それは人によって違うからです。

 

なので、まずは自分がどんな人生を生きたいか考えなければいけません。

 

それがライフプランです。

 

目的地、現在地、方法

良く、人生は旅と同じと言われます。

 

では、旅をするために必要なこと。

 

それは、

 

目的地を決め

 

現在地の把握し、

 

現在地から目的地へたどり着く方法を知って、行動することです。

 

私もまずは、ライフプランを考えました。

 

ライフプランに重要な2つのこと

ライフプランを決める上で必要なのは、やりたい事と万が一に備える事です。

 

今まで保険の見直しの際や住宅購入の際にライフプランを使ったことがあるという人もいるかもしれませんね。

 

しかし、多くの場合全ての夢が描ききれていません。

 

大抵、今の収入を元に子供のライフイベント費用、住宅購入や維持に関する費用、老後資金などが組み込まれているだけのものです。

 

しかし、収入をコントロールしたり、やりたい事が詰まったライフプランこそ、私が作って欲しいものになります。

 

しかし、それだけでは何かあった時にすぐに崩れてしまいます。

 

なので、万が一に備える必要があります。

 

夢を描くために未来を見える化

と、言ってもすぐに夢を描ける人は意外と少ないのです。

 

大人になると、常識や一般的、現実的という言葉で夢を描くことを忘れてしまうのです。

 

そこで、まずは未来を見える化してみましょう。

 

どういう事かというと、単純に年齢を数十年先まで書くだけです。

 

例えば、私なら

 

2017年31歳

 

と書きます。

 

家族がいる方ならそれぞれの年齢も書きましょう。

 

ただの紙でも、pcでも、スマホのメモでも良いです。

 

私は、紙派です。

 

(例)

2017年

ikumi 31歳

旦那 〇〇歳

息子 1歳

義父 〇〇歳

義母〇〇歳

実母〇〇歳

義祖母〇〇歳

祖母〇〇歳

 

2018年

 

ikumi 32歳
旦那 〇〇歳
息子 2歳
義父 〇〇歳
義母〇〇歳
実母〇〇歳
義祖母〇〇歳
祖母〇〇歳

 

一緒に住んでいたり、将来的にも関わりがありそうな人の年齢全て書きましょう。

 

ちなみに年齢はその年の12月末の年齢を書きましょう。

 

そして、それを自分が90歳になる歳まで書いてみましょう。

 

え?

 

もっと早く死ぬかも?

 

まぁ、長生きのリスクもあるので、一応90歳まで書いて下さい。

 

100歳まで生きるという人は100歳でもOKです♪

 

未来を見える化して見えてくる事

どうでしょうか?

 

これ書くだけでも色々見えてきませんか?

 

父母が高齢になるから介護はどうしようとか、子供はここで大学かなーとか。

 

ちょっと未来が具体的になりませんか?

 

私も何年に、いくつになるかただ書き出しただけなのに、将来について色々な考えが出てきました。

 

まず、これをやってみて改めて自分の将来と向き合ってみましょう。