マルチキャリアとシンプルライフで収入UPぶろぐ

マルチキャリアとシンプルライフで収入アップを目指し、記録していきます!

スポンサーリンク

変動費の改善はお金と心のバランス

来年から我が家の収入が変わるので、家計改善と投資計画を立てています。

 

今回は、改善について話します。

 f:id:Financial:20171106133936j:image

 

 

家計改善がしたい!

実は、私節約が苦手です。

 

とくに日々の細かいお金を節約するのが苦手です。

 

欲望に忠実なタイプなので(笑)

 

基本は旦那の収入の範囲で予算を組んでいますが、日々使うお金はオーバーしちゃうので、私の収入から破綻していました。

 

それでも貯蓄金額がジワジワアップしていたのたは、やはり共働きという強みがあったからです。

 

しかし、このままでは収入が上がったら、そのまま使うお金もアップしそうという危機感がありました。

 

パーキンソンの法則

なぜ、そんな危機感があったのかというと、パーキンソンの法則です。

 

パーキンソンの法則には第1の法則と第2の法則があり、第2の法則に

 

第2法則
支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

 

byウィキペディア

 

と、いうのがあります。

 

収入が増えたのに暮らしが楽にならないと感じている方いませんか?

 

その人は、これが関わっているかもしれませんね。

 

徹底的に見直す

とにかく、まずは3ヶ月間何にいくら使ったのを細かく見ていくことにしました。

 

我が家の場合、ご飯を義母が作ってくれている関係で、食費などの変動費はありません。

 

以前、固定費は改善しているので、こちらはほぼ一定です。

 

後は、貯蓄金額に合わせて保険を解約していくくらいでいいかなと思ってます。

 

貯蓄が全然ない時に入った保険がいくつかあるのですが、解約するにはもうちょい貯蓄がないと心許ないので。

 

今回予算オーバーしているのは、変動費にあると気付いたので、変動費にメスを入れることにしました。

 

固定費の場合、許せる範囲でバンバン削っていけばいいのです。

 

スマホ→格安スマホにしたり、ローンの繰上げ返済等、一回の手続きや計算は面倒でしたが、一回やれば終わりなので、欲望に弱い私にも比較的簡単に出来ました。

 

変動費の改善はお金と心のバランス

なぜ変動費が膨れてしまったのか…

 

私自身は、引きこもり体質なので家に居ても問題ないのですが、話も出来ない子供と二人でずっといるのは退屈です。

 

なので、お出掛けしてはお金を使うという生活になり、変動費が膨れてしまったのです。

 

そこで、逆転の発想。

 

いくらあれば1ヶ月生活出来るのか?

 

これを知るために3ヶ月間きっちり記録を付けました。

 

家計簿です。

 

そして、改めていくらあれば余裕のもてる生活が送れるのか予算を決めました。

 

来年からこの予算を実行する予定なので、後2ヶ月はさらに記録を取って予算の修正をしていきます。

 

そして、日々のお金は自分の心と大きく関わっていることに気付きました。

 

なので、日々の予算は少し多めに取っておき、心の余裕をもたせたいと思っています。

 

お金の余裕が心の余裕に繋がるんですね。

 

我が家の場合来年からは、1ヶ月の収入を夫婦合算し、そこから生活費を抜き、残りを投資と貯金に当てます。

 

普通は収入の範囲で生活費を抑えるのが一般的ですが、こうやって必要な生活費から収入を考えるというのも1つの方法です。