お金不安解消研究ぶろぐ

お金の不安をなくすためにどうすれば良いのか研究中

スポンサーリンク

投資計画!生活費以外は4つの目的と目標に向けて貯金と投資

昨日は、生活費の予算について現在改善している方法を書きました。

 

今度は、残りの投資の部分です。

f:id:Financial:20171106134045j:image

 

 

 

予算決め

いくら投資して、いくら貯金するのか…

 

は、収入が決まってから決めます。

 

旦那の収入が変わるんですが、その金額がハッキリしていないのです。

 

ちなみに、私の収入も変動するので、その月でも若干の変動はすると思います。

 

ハッキリしたら予算決め、しかし、現在出来ることとして、どんな目的でお金を貯めるのかをハッキリさせることです。

 

目的別に目標金額を決める

目的としては、

 

  1. 教育資金
  2. 老後資金
  3. 万が一の資金

 

以上の4つは絶対に貯めたいお金です。

 

教育資金

教育資金は、実はあまり重視していません。

 

前にも言いましたが、お金を残すより、お金がなくてもやりたい事が出来るようになる知恵や知識、考える力を身に付けることにお金を使いたいからです。

 

ちなみに、0〜3歳までは自己肯定感を高める時期、3〜6歳まではしつけの時期、6〜歳勉強の時期だそうです。

 

6歳からは自分自身も記憶があるので、分かりやすいのですが、0〜6歳までの関わり方がイマイチ分からないので、私自身が勉強するために本を読んだり、幼児教室に通ったりしています。

 

(11月から幼児教室に行きます。)

 

残す資金は、児童手当+投資で貯める予定です。

 

児童手当は、手を付けずに貯めるとそれだけで200万円弱になります。

 

これに、月2万円セゾン投信で運用している分を教育費に当てる予定です。

 

ちなみに、もう一人子供が欲しいので投資金額は2万円にしてあります。

 

当初の目的は教育資金ではなかったのですが、教育資金に当ててもいいかなと思ってます。

 

投資なので減ったら渡しません(笑)

 

来年度からつみたてにNISAを活用して積み立てます。

 

老後資金

老後資金は、いくら貯めるのかはまだ定まっていませんが、iDeCoを使うつもりです。

 

仕事で話すことがあるので、制度は知っていますが、まだ使っていなかったのでこちらはもう少し詳しく勉強してから始めます。

 

万が一の資金

万が一の資金として、現金(預貯金)で貯めていこうと思っています。

 

今我が家は、持っているお金の7割〜8割くらい投資に回していて(笑)

 

流動性のある預貯金が少ないので、現在の投資分を少し預貯金にし、さらに足りない分を積立てるつもりです。

 

3つのお金+α

この3つの目的とは別に、株式投資とFXを本格的にやるつもりです。

 

なので、生活費以外のお金を4つに分けたいと思います。

 

今の計画だと、しばらくは子育て、インプットと投資に力を入れて、子供達が幼稚園や保育園に行くようになったら収入UPを目指す予定です。

 

旦那の収入がUPし、私自身も負けてられません!

 

しかし、状況が許されるので、まずは、今あるお金の活用方法をしっかり計画すること。

 

さて、頑張るぞ!