お金不安解消研究ぶろぐ

お金の不安をなくすためにどうすれば良いのか研究中

スポンサーリンク

何かをやる時は体験談の書かれた本を読め!人間力を上げるヒントもそこにある!

来年から収入が変わるのをキッカケに投資の仕方を変えます。

 

そして、現在は投資についてどう変えていくか勉強中です。

 

f:id:Financial:20171124152821j:image

 

制度の活用

来年からは、つみたてNISA、NISA、iDeCoを活用する予定です。

 

その中で何をやるかは色々考え中ですが、投資信託を中心に個別銘柄とFXをやろうと思っています。

 

と、言ってもすでに投信と個別銘柄は買っているので、後は制度をつかうために口座開設するだけです。

 

セゾン投信をつみたてNISAにする手続きは取ったので、これからiDeCoの手続きをします。

 

つみたてNISAとNISAは併用できないので、私と主人でそれぞれの口座を作ります。

 

そして、iDeCoは二人でやろうと思ってます。

 

今は勉強のために色んな本を読んでます。

 

重複しているものもあるのですが、私自身人に説明出来るくらいまでにしなければいけないので、自分でやりながら疑問点がなくなるまで勉強!

 

後は、色んな人の体験談なども読んでます。

 

本を選ぶコツ

私は何かをやる時は、体験談を参考にします。

 

もちろん、説明だけが書いてある本も読むのですが、リアルな体験談はストーリーがあるので、イメージがしやすくて読み易いです。

 

それぞれできることと出来ないことがあるので、体験談はすべて実行しやすいかというとそうではありません。

 

しかし、どうすれば問題を乗り越えられるのか、また人間力を上げる勉強にもなります。

 

人間力のある人はストーリーがある

雇われない生き方をしたい人には特に人間力が必要です。

 

多くの場合、仕事を取るのは自分であって、会社ではないからです。

 

一緒に仕事がしたい、または仕事を頼みたいと思えるような魅力が必要になります。

 

体験談には、なぜそれをやるようになったか、または今の状態になったのかストーリーがあります。

 

そして、大抵、その中から疑問に感じたり、不安、辛い思いをした事がキッカケで今に至る。

 

と、いうのが多いのですが、人間力のある人は良く気付き、良く考えるなと思います。

 

そして、そのストーリーが人を惹きつけるのです。

 

講師業をしていると、スピーチに関しても面白い、面白くないのはなぜかと分析をする癖が付きます。

 

見えてきたのは、ストーリーです。

 

ストーリーのない話はつまらないのです。

 

その中での気付きや考え、行動は人間力を上げるヒントにもなります。

 

何かをやる時に教科書のような方法論が書かれた本も良いですが、体験談もぜひ読んでみて下さい。