マルチキャリアとシンプルライフで収入UPぶろぐ

マルチキャリアとシンプルライフで収入アップを目指し、記録していきます!

スポンサーリンク

本の買い方、本屋の使い方

本日仕事納めです!

 

最後はプレッシャーのあるお仕事だったので、今解き放たれた気分ー♪

 

そして、昨日に引き続き本の話をしたいと思います。

 

本の買い方

私のインプットの中心は本です。

 

人に会って話すことも好きですが、本の方が手軽ですよね。

 

私の本の買い方は3種類です。

 

  1. 本屋に行く
  2. 古本屋に行く
  3. Amazon

 

ちなみにAmazonは、キンドルアンリミテッドの契約をしております。

 

時間が空いたら本屋に行こう!

時間が空いたら本屋に入ること!

 

これすごくオススメです。

 

その時ホットな話題となったものが本屋には並んでいるので、本屋でタイトルを見るだけでどんなことが注目されているのかが分かります。

 

私の場合、興味はお金か子育てになります。

 

お金に関しては、昔節約本が結構な割合を占めていたのが、その後投資に移り、最近はリテラシーや考え方も増えてきたなと感じています。

 

小手先のテクニックではなく、もっと深いところを知りたいという需要が増えたのかな?と感じています。

 

ずっと観察していると、時代の移り変わりによって商品が入れ替わっているのにも気付きます。

 

どんなに電子書籍が主流になっても、本屋はなくならないで欲しい…

 

なので、定期的に本も買うようにしています。

 

Amazonで本の購入

それでもやっぱり、最近はAmazonで買うことが増えています。

 

まず、時間の余裕的に本屋に行っている時間がないんですよね(汗)

 

また、目的の本を買うのは早い。

 

キンドル版があれば、そっちのが安いですしね。

 

ただ、いい本ないかな?と探すという意味ではやはり、本屋に行って探す方が良いと思います。

 

古本屋・図書館

古本屋には、本屋に置いていない種類の本があって、気になる分野がないかフラッと寄ることがあります。

 

また、図書館はなんといってもタダ!

 

特に、初めての分野を学ぶときはたくさんの本を読む必要があるので、そのときは図書館を利用しています。

 

まとめ

市場調査や良い本に巡り合うためには、やはり本屋に行くことが一番だと思います。

 

ただ、目的の本を買ったりするのは、やはりネットショップに軍配が上がります。

 

それでも、近所の本屋を潰さないために、定期的に本屋でも本を購入しようと思います(笑)